トランスイート四季島を、JR東日本が公開。3泊4日のツアーで1室最高190万円

シェアする

  • 1
スポンサーリンク

JR東日本が、2017年春のデビューに向けて製造中の寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」を初めて公開したそうです。

トランスイート四季島

「日本を楽しむあなただけの上質な体験」を感じる旅が始まります。TRAIN SUITE 四季島

スポンサーリンク

トランスイート四季島を、JR東日本が公開

トランスイート四季島は、ゴールドの外観が特徴で、ダイニングやラウンジのほか、17ある客室のすべてがスイートで編成される豪華な寝台列車とのことです。

そのトランスイート四季島を公開したとのこと。

3泊4日のツアーで1室最高190万円

3泊4日のツアーで1室最高190万円という超豪華車両です。

190万円とは、高いですね。セレブとかお金持ちでないとなかなか利用しないかもしれません。
何かの記念とかには良いのかもしれませんね。

1編成は10両で約50億円

10両で、約50億円の製造費がかかるようです。
結構高めの製造費のように思えますが、高級車両ということだと、このくらいのかかくになってしまうのでしょう。

だから、料金も高いということなのでしょうね。

2017年5、6月に

2017年5、6月に四季島で、上野発で東北・北海道を中心に周遊する3泊4日と、東北中心の1泊2日の2コースが設定されているそうです。

最高級客室「四季島スイート」(定員2人)は3泊4日で1人95万円とのこと。

運転区間

5・6月分の3泊4日、1泊2日コース

3泊4日コース(5・6月分)

1日目:上野駅→(車内で昼食)→日光駅(下車観光)→(車内で夕食、車内泊)
2日目:函館駅(車外で朝食後に下車観光)→(車内で昼食)→伊達紋別駅→登別駅(伊達紋別駅からはニセコエリアの宿、登別駅からは登別エリアの宿へ向かう。何方かの宿を選択して夕食、宿泊。)
3日目:(宿で朝食)→東室蘭駅→洞爺駅→(車内で昼食)→新函館北斗駅・・・(2つのプラン(縄文コース、五能線コース)の何方かを選択)・・・弘前駅→(車内泊)
4日目:鶴岡駅→あつみ温泉(鶴岡、あつみ温泉の何方かの駅で下車観光)→(車内で朝食)→新津駅(下車して燕を観光し、東三条駅で再乗車)→東三条駅→(車内で昼食)→上野駅

1泊2日コース(5・6月分)

1日目:上野駅→塩山駅(下車観光の後に昼食)→(車内で夕食)姨捨駅(下車観光)[16][17]→(車内泊)
2日目:会津若松(車外で朝食後に下車観光)→(車内で昼食)→上野駅

こういったコースがあるということです。

列車の旅を好きな人には良さそうですね。

2017年、5、6月以降は?

少し気になったのは、2017年の5、6月以降はどうなるのかということです。
まあ、それで終わりということではないのでしょうけれど、別のコースを設定されるのか、それとも、また来年ということになるのか。

このあたりはどうなのでしょうね。

トランスイート四季島は、観光立国の推進の一環としてクルーズトレインを新造するということで、作られているということです。
今後、海外のセレブなども利用するようになると、話題になっていきそうですよね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、「いいね!」を!

更新情報をお届けします!

Twiterをフォローする!

Twitterのフォローも、ぜひ!

シェアする

フォローする・更新情報をお知らせします