スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google PageSpeed Insightsのための高速化

スポンサーリンク

このサイトを始めてから、数日です。まだ、ブログの見た目・デザインなどを、カスタマイズしているところです。

気になることとして、記事が表示されるまでが遅いかなということです。まだアクセスがほとんどないですから、ページの表示速度は、そこまで大切な要素ではありません。

しかし、今後、アクセスが増えるかもしれないとしたら、やはり、ページの表示速度はそれなりに大切です。

ということで、Google PageSpeed Insightsのための高速化を、少し行ってみました。

スポンサーリンク

Google PageSpeed Insightsのための高速化

高速化をやってみた結果。PageSpeed Insightsの結果です。

PageSpeed Insights

PageSpeed1

ユーザーエクスペリエンスは、100。

モバイルで、89。

PageSpeed2

パソコンで、93。

ここまで上がりました。このWordPressのテーマは、そこまで速くはありません。それでも、ここまでできたので良しとしようと思います。

修正には、結構時間がかかる

一つひとつ見なおして、調整していきました。結構時間がかかりますね。

今は、もう少し調整して、若干悪くなっています。それでも、表示を維持するほうを優先しているので、仕方がないかなと。

と、いろいろと試して、調整して、ここまでできるようになりました。まあ、ちょっと大変です。

ブログは軌道に乗るまでが大変だから

こちらの記事でも書きましたが、やはりはじめのほうが大変です。こういったことの調整をする必要があるからです。

PageSpeed Insightsの項目は、7つ?

1.圧縮を有効にする
2.ブラウザのキャッシュを活用する
3.画像を最適化する
4.HTML/CSS/JavaScriptを縮小する
5.リンク先ページのリダイレクトを使用しない
6.スクロールせずに見えるコンテンツのレタリングをブロックしているJavaScript/CSSを排除する
(表示可能コンテンツの優先順位を決定する)
7.サーバーの応答時間を短縮する

Google PageSpeed Insightsの項目は、7つでしょうか。これらを、1つずつ改善していくと、スコアがあがりますね。

2のブラウザのキャッシュは、後回しにしたほうが良いと思います。そこまでむずかしいことではないですが、キャッシュによって、表示が反映されているかどうかわからなくなるので。

それぞれ行ったことは、後日書こうかと

それぞれ、行ったことは、後日書こうかなと思います。あまり覚えていないので、書かないかもしれませんが。

Googleでいろいろと調べて行って、書かれているとおりにやってうまくいったこともあれば、うまくいかないこともありました。

まだ、もう少し改善できるのではないかと思うところもありますが、そこまで遅くなければ良いかなと、現段階ではこれぐらいにしておこうと思っています。

あと、ときどき、PageSpeed Insightsの指摘が変わったりするのも、結構面倒だったりしますね。

1つずつ修正して改善していくと、スコアはあがる

いずれにしても、1つずつ修正して改善していくと、スコアはあがりますね。

たぶん、今後も、プラグインなどをインストールしたりすると、スコアは変動することもあると思います。そのたびに、チェックしておくと良いのでしょう。

上の項目の7つのどれかがよくなくなって、スコアが落ちるので、それらを修正すると、改善るということがわかっていれば、改善できるはずですから。

こういうのも、経験であり、勉強ですね。とは言え、わかっていれば、すぐにできることだろうとも思います。知識がないと、調べて、試して、だめだったら、また調べて、試す。こういう繰り返しが必要になってくるので、意外と大変です。

仕方がないとは言え、時間がやはりかかります。こういうのは、もっと簡単にできると良いですね。

と、少し大変だったので、記事にしてみました。そして、これで、どうにか、あとは、記事を書いていくだけになったかなと思っています。デザインなどが気になって、ブログ記事を描くことに集中できないというのはありますから、早いうちにこういうのは手を付けておきたいですよね。