スポンサーリンク
スポンサーリンク

MacBook ProのSSDの空き容量を増やす

スポンサーリンク

わたしは、Macをこの数年使っています。そこまでヘビーな使い方はしていないのですが、MacBook Proの15インチモデルを使っています。

新しいMacBook Proの噂も出てきていますが、まだ発売されていないので、今のところは、このMacBook Proを使っています。

 

最近、少しSSDのディスク容量が足りなくなってきているところがあります。ということで、少し減らしたいと思っています。

MacBook Pro

スポンサーリンク

MacBook ProのSSDの空き容量を増やす

MacBook Proの空き容量を増やすには、ファイルを整理するということになりますね。

基本的には、2つの方法があるでしょう。

不要なファイルを削除する。

ファイルを外付けHDD、SSDに移動させる。

今回は、不要なファイルを削除しました。ファイルを外付けHDDに移動しても良いのですが、どうせならSSDに移動したところです。それは、また購入する必要があるので、今回は、手っ取り早く、使っていないファイルの削除をしました。

削除の前には、Time Machineでバックアップをしておくと安心です。

大きなファイルサイズのものを整理

ファイルサイズが小さいものを整理しても、あまりSSDの空き容量は増えません。

大きなファイルサイズのものを整理したいところです。ファイルサイズを知るために、「ターミナル」からコマンドで大きなファイルサイズを探すと良いですね。

ターミナルは、「アプリケーション→ユーティリティ→ターミナル」で起動できます。

そして、下記のコマンドを入力して、エンターキーを押すと、パスワードを求められるので、ログインのパスワードを入力します。

sudo du -g -x -d 5 / | awk '$1 >= 5{print}'

しばらくすると、5GB以上のファイルが表示されます。

私の場合は、Cacheが多かったです。Cacheは、削除しても大丈夫なようなので、削除しました。

もう一つ大きいのは、写真でした。写真はこのままにしておきます。

あとは、利用していないアプリを削除もしました。結構、空き容量が増えました。空き容量が少なくなったら、ファイルの整理をしたいですね。

写真をどうするか?

写真の容量がやはり多いのですよね。Macの場合、一つのファイルのようになっています。これを外付けのHDDなりSSDなどに移動させておいて、そのファイルをMacから読みこめば、写真を見ることができます。

そう考えると、移動させるのもありかもしれません。ただ、使い勝手は悪くなりますね。

ちょっとここは工夫のしどころかもしれません。もう少し考えたいところです。使い勝手も悪くならないで、高速で使えるようにする。

そんな方法があると良いのですが。

写真以外は、案外使っていない

写真以外は、案外容量は使っていないものですね。動画は撮らないので、やはり写真が多くなります。

ここに動画が入ってくると、とても多くなってしまうので管理は大変だと思いますが。まあ、動画は保存しないで、古いものは、どんどん削除すると良いのでしょう。もしくは、大容量のHDDに保存するかですね。

他の方法としては、Macの場合は、iCloud Photoを使うというのもありますね。有料のプランにすると、パソコンのファイル容量は減るのかもしれません。

このあたりは、迷いますね。方法がいろいろあると。ただ、iCloudもいまいち使いにくいところがありますね。

レビュー・MacBook Pro 15インチ Retina(mid 2014)を買って良かったこと3つ

まとめ:MacBook ProのSSDの空き容量を増やす

サイズ容量が多いものから整理すると、MacBook ProのSSDの空き容量を増やすことができます。

ただ、たいてい写真だったりしますね。不要な写真は、写真アプリから削除するというのもありますし、外付けのHDD、SSDなどに移動させると良いというのもあると思います。

それでも、使い勝手は、いまいちな感じはありますね。写真をどうするか、これは、今後考えておきたいところです。

ここが解決できると、Macの空き容量が結構増えるのではないかと思います。使い勝手が良くて、うまい解決方法を考えたいですね。

MacBook Pro