配偶者控除の廃止を検討。新しい控除を作る案が有力

シェアする

  • 1
スポンサーリンク

自民との宮沢洋一税調会長が、2017年度税制改正で、所得税の配偶者控除を見直すと述べたそうです。

2018年1月に、配偶者控除を廃止し、共働き夫婦にも適用する新しい控除を作る案が有力とのこと。

夫婦

スポンサーリンク

配偶者控除の廃止を検討。新しい控除を作る案が有力

配偶者控除

配偶者控除は、妻の年収が103万円以下の場合、夫の課税所得から38万円の控除があるというものですね。

夫婦控除を作る案が有力

現行の配偶者控除を、夫婦であれば、片働き世帯でも共働き世帯でも、控除が受けられる「夫婦控除」とする案が有力だそうです。

年収に上限を設定し、低・中所得者の控除額を厚くするということも検討されているとのこと。

こうであるなら、そこまで大きな問題はないように思うのですが、どうなのでしょうか。

夫婦控除、良さそうだが

夫婦控除は、良さそうですよね。

世帯ごとの所得全体で控除を考える。こういうことだろうと思います。
低・中所得者の控除額を厚くするのであれば、問題ないような気もします。

しかし、専業主婦世帯にとって、増税になる可能性はあるということのようですね。

そうなってくると、反対も出てくるとなってしまうから、これまで見直しができていないということなのでしょう。

20年以上が経過

改正から、20年以上が経過しているそうです。そうなると、時代も変わって、専業主婦世帯というのも変わってくるというのもあるのでしょう。

とは言え、配偶者控除は、約1400万人に適用しているということなので、結構な割合が、適用を受けているということですね。

個人的には、世帯ごとの控除がわかりやすいですし、世帯収入額で課税されるというほうが、公平感はあるようにも思います。

それをどれくらいにするのか、といった話はあると思いますが、仕組みとしては、わかりやすく公平なのではないでしょうか。

配偶者控除の廃止を検討するということで、改正されるとしたら、2018年の1月からということになるようですね。2018年ということだと、まだ、再来年ですが、配偶者控除が廃止されて、夫婦控除に変わるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、「いいね!」を!

更新情報をお届けします!

Twiterをフォローする!

Twitterのフォローも、ぜひ!

シェアする

フォローする・更新情報をお知らせします