スポンサーリンク
スポンサーリンク

イギリスEU離脱の影響でヨーロッパの景気などが悪化していく?

スポンサーリンク

イギリスが、国民投票でEU離脱を選びました。

イギリス、国民投票でEU(欧州連合)離脱派が勝利で思った10のこと
ま英国、イギリスが、EU(欧州連合)の残留か離脱かを問う国民投票で、離脱するを選んだ人が多数になり、勝利したとのことです。選挙管理委員会によると、開票所382か所の集計が終了し、離脱支持は51.89%の千七百四十一万七百四十二票、残留は48...

この影響や混乱が懸念されています。

ビッグベン

スポンサーリンク

イギリスEU離脱の影響でヨーロッパの景気などが悪化していく?

ヨーロッパ景気「半年後悪化」51%

日本経済新聞社が、「社長100人(緊急)アンケート」を実施したところ、ヨーロッパの景気が半年後に悪化するだろうと考えているという結果が出たそうです。

ポンド安と株安で、ゆるやかに悪化するだろうという見立てのようですね。

たしかに、良くはなりそうにはないですよね。現状維持できれば良いのでしょうけれど、この先も混乱がまだ続くのだとしたら、それもむずかしいというのはありそうです。

離脱までに2年ほど期間がかかるということです。そうなると、その間は、あまり外資による投資も活発にはならないというのありそうです。こういうことを考えると、影響は短期的ではなく、少なくとも中期的なスパンになってしまうというのはあるでしょう。

イギリス混乱が深まる

国民投票を再び実施するよう求める署名が、370万以上集まっているということです。

離脱派の得票は、1700万以上だったので、これ以上集まることがあるようだったら、再度国民投票を行うというのもありなのかもしれません。

ただ、キャメロン首相は、再投票は否定しているとのことです。ただ、可能性は残しておくということです。

また、キャメロン首相の後任が誰になるのか。保守党の離脱派がなるとしても、労働党の残留派は反対するようです。そして、総選挙を行うということになると、また混乱が深まるということになり、長期化しそうな様相です。

EU首脳がイギリスに離脱表明を要求へ

ドイツのメルケル首相が、フランスのオランド大統領、イタリアのレンツィ首相とベルリンで会談し、イギリスがEU離脱の通知をしない限り「公式、非公式を問わず交渉には応じない」とのこと。

そして、混乱を長期化させないよう早期の解決を図るため、イギリスに離脱表明を要求するようです。

しかし、キャメロン首相は、現政権では、EU離脱の表明をしない方針のようで、離脱の交渉などは進まないようですね。

こうなってくると、やはり長期化しそうです。

離脱派が「公約」を反故

離脱派は運動中、EUを離脱した場合、英国がEUに拠出している負担金が浮くため、財政難にあえぐ国営の国民保健サービス(NHS)に「週当たり3億5千万ポンド(約480億円)を出資できる」としていたということです。

しかし、このスローガンは過ちだったと認める離脱派が出てきているそうです。

使途を指定することができないということのようですね。それもありますが、こんなに巨額の金額が出てくるものでもないでしょうし。

ロンドンがイギリスから独立?

また、残留支持が多かったロンドンでは、「EUにとどまるには英国から独立するしかない」との極論も出ているとのことです。

まあ、さすがにこれはむずかしいということもあるでしょうけれど、もしそうなったら、イギリスはちょっと大変ですし、こういう意見も出てきてしまうほど、混乱しているというのはあるのかもしれませんね。

ここまで混乱していると、早く収集されると良いですが、そうもいかないようですね。

なぜ、こんなふうになってしまっているのか?

それにしても、なぜ、こんなに混乱してしまっているのでしょう。

2つに1つを選ぶ、国民投票で接戦だったからというのもあるでしょうし、判断が難しいからというのもあると思います。

ただ、それ以上に、結局何をしたいのか、どこを目指すのかを、はっきりと示せていないのが大きいのではないでしょうか。残留、離脱、どちらを進むにしても、イギリスは将来はこうなるというビジョンがはっきりと示せていない。ここが大きな混乱の大きな理由なのだろうと思います。

損得だけの話で行うと、こうなりやすいのでしょうね。

リーダーシップの話

つまりは、「リーダーシップ」の問題なのではないかと思えます。

離脱と国内の問題は、別の話として考えたほうが良かったのではないかと、他国の話ながら思いますね。

たしかに影響はあるのでしょう。ただ、国内の問題を、他の方法で解決できないのか考えていたのかどうか。もっと別の方法を探ったほうが良かったように思えます。

離脱の先の話

いずれにしても、今混乱しているのは、離脱の具体的な方法などもあるでしょうけれど、EUから離脱してからどうするのかが見えないのが大きいのではないかと思います。

離脱して、自主独立でやっていくのか、もう少しゆるやかにイギリスとEUが協力できるようにして欲しいとするのか。ここをはっきりさせないと、細かいところはあるにしても、大きなところで動きにくそうです。

そう思えるのですが、混乱を収集するための動きをどうやってしていくのか、今の首相なり、他の人がリーダーシップを発揮しないと、まだしばらくは混乱が続いてしまいそうです。

そんなイギリスがEUから離脱するという国民投票後の様子ですね。