スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログの記事を量産するか、文字数をたくさん書くか

スポンサーリンク

ブログを運営していると、悩ましいことがいくつか出てきます。

どれくらいの更新頻度にするか、記事の長さをどうするか、何を書いて何を書かないか。
続けられなくなったらどうするか。再開するか、それとも新しく作るか。

悩ましいことや迷うことがあるでしょう。

そして、その一つに、ブログの記事を量産するかどうするかというのがありますね。

ブログ

スポンサーリンク

ブログの記事の量産

ブログの記事を量産するかどうか?迷うところでしょう。

何を迷うのかを簡単に書いてみます。

ブログの1記事の文字数

ブログは、SEOを考えると、1記事のそれなりの文字数が必要と言われています。
1000文字という話もあれば、2000文字という話もありますし、中には6000文字という話もあります。

どれが本当なのか、そもそもそこまで文字数が必要なのかわかりません。むしろ、他の要素が大きいのではないかと思うところもありますね。

しかし、SEOの記事などを読むと、たいてい、文字数は多いほうが良いと言われていたりします。はたしてほんとうかどうかはわかりませんが、そういうところは無きにしもあらずです。そうなると、それなりの文字数は書かないとアクセスを増やすにはダメかもしれません。

文字数を取るか、記事数を取るか

しかし、そうなると、たくさんの記事は書けないということになってくる可能性が高くなります。

なぜなら、結局文字数が多い長い記事を書くには、それなりの時間がかかるからです。

文字数が少ない短い記事なら、どんどん数を増やしていけるでしょう。しかし、長い記事を書くとなると、文字数が増えて、たくさんの記事を書くというのはむずかしい。

というのは、1日で書ける文字の量がだいたい決まっているからです。

1時間で4000文字の記事を書けるとしたら、10時間で、40000文字ですね。これ以上は、さすがに書くのはむずかしいところがありますね。

そうなると、4000文字で10記事です。これだけ書けたらすごいですが、さすがに、これは体力的に厳しいところがあると思います。そもそも、1時間で4000文字を書くというのも大変です。
それを、10時間、それなりに休みながら書くにしても、1日書いているわけですから、それは大変ですよね。
まあ、仕事だと割りきって、書いてみるというのもありかと思いますが、体力的には楽ではないでしょう。

ネタがないなら、文字数

しかも、10個もネタがあるかということです。ネタがあれば書けるでしょうけれど、そこまで数を思いつくことができるかどうか。
仮に思いつけても、そこまで文字数が多い長い記事を書くことができるかどうか。

意外と長い記事は、内容をいろいろとつめ込まないと書けなかったりしますね。

しかし、ネタがないなら、1記事の長さを長くしたい。文字数を増やしたいところです。そうであれば、それなりに詳しいということで、SEO的には良いかもしれませんから。

だから、ネタがあまりたくさん思いつかない人は、1つの記事の長さを長くする、文字数を増やすというのは、1つの方法でしょう。
ブログを書けないという人の多くは、書くネタが思いつかないというのはあると思います。
そういう人ほど、1記事の長さを長くする、文字数を増やす。こういうことは、やったほうがいいでしょうね。

なるべく詳しく書く

そういう意味では、なるべく詳しく書くというのはありますね。細かいことも書く。何か商品の紹介をするなら、名前の由来とか歴史とか、そういうことも書いてみると良いかもしれません。あまり人が書かないようなことも書いてみる。そういうのも良いですね。

詳しく書くというのは、いろいろとありますよね。自分しか興味がなさそうなことも書くというのもあるでしょうし、知っていても知らなくても良いようなことを書くというのもあるでしょう。

ある意味、余計なことを書くということもあるかもしれません。

もちろん、重要なことは書いての上でです。記事のタイトルとは関係ないことを書いてはいけないということはないですけれど、あまりに外れていることばかり書いても、いくら長くて文字が多くても、それは、評価が高くはなりにくいでしょうから。

ネタがたくさんあるなら、記事数

逆に、ネタがたくさんあって、困るというのなら、記事数をたくさん書いてみるというのもありかもしれません。
ただ、それでも、それなりの文字数にはしたほうが良いとは思いますが。1000文字以上でしょうか。

ネタがたくさんあるのですから、たくさん記事を書いてみるというのはありでしょう。それが、SEO的に評価されるかどうかは微妙ですが。

微妙ではありますが、たくさん記事を書くと、記事は増えます。記事が増えれば、1記事のアクセスが少なくても、たくさん集まれば、そのサイトのアクセスは増えるでしょう。

思いついたら、どんどん書く

そのような記事数を量産する方向で行くなら、思いついたらどんどん書くというのが大切ですね。

ブログの記事ネタになりそう。そう思ったら、どんどん書いていく。

メモのような記事でもどんどん書いて、公開していく。多更新をするのですから、あまり深いことというか、これはおもしろいかどうかとか考えないで更新してみると良いのではないでしょうか。

あとから、読み返したら、おかしなことを言っているかもしれませんが、そのときは、それを書きたいと思ったのでしょうから、それは書いてみると良いですよね。

ブログ記事の量産

ブログ記事の量産が良いのか、どうか。読み手のことも考えたら、もう少し違った考え方もできるかもしれません。
しかし、書き手だけを考えるなら、こういう考え方になるかなと思います。

量産するか、文字を増やすか

記事を量産するか、それとも文字数を増やすか。両方できれば、それは、アクセスにつながっていくというのはあると思います。
ただ、両方は、時間的制約のためにできなかったり、ネタがそこまでたくさんあるかということに左右されます。
だから、どちらに重きを置くのか、自分なりに考えて、自分のスタイルを作ると、続けられやすいですね。そして、続けられると、結果として、ブログのアクセスが増えるということにつながることでしょう。