スポンサーリンク
スポンサーリンク

上場企業の2016年4〜6月期、270社が最高益を更新

スポンサーリンク

上場企業の2016年4〜6月期、270社が最高益を更新したそうです。

2016年8月11日の日経新聞、朝刊が伝えています。

減益決算の企業が多い中、すごいですね。

オフィスビルディング

スポンサーリンク

上場企業の2016年4〜6月期、270社が最高益を更新

4〜6月期決算を発表した1500社強を集計したところ、274社が形状最高益を更新しているそうです。

建設や鉄道、食品などが多いそうです。

建設関係は、わかりますね。人手不足ということもあるようですし、東京オリンピックまでは、好調なのではないでしょうか。

食品も多いのでしょうか。

カルビーはフルグラが好調

カルビーは、フルグラの塩分の少なさを訴求したところ、高血圧に悩む高齢者の購入が増えたそうです。

こういう需要もあるのですね。やはり、健康につながる食品は気になりますよね。
食品は食べないというわけにはいかないですよね。

その中でも、健康に良いということなら、アピールできるというのはあるのでしょう。

日立物流はAIを活用

日立物流は、人工知能(AI)を活用して、作業員の動線を見直して、業務効率を改善して、利益を伸ばしたそうです。

こういうことに、AIを活用できるという良い事例ですね。
AIの脅威論もありますが、こういうことに活用するというのは、今の段階では有効なのでしょうね。

東レは商品力をアップ

東レは、リチウムイオン電池を軽量・大容量化できる部材を開発したり、紙おむつ用の不織布の肌触りを改良するなどして、商品力をアップしたことで、販売と採算を伸ばしたそうです。

アイデア・技術で商品を改良して、売上・利益を伸ばす。

こういうこともまだできるということでしょう。

上場企業6割が減益の中で

上場企業6割が減益ということでした。円高で、なかなか厳しいところがあるのだろうと思います。

上場企業6割が減益。2016年4〜6月期
上場企業6割が減益2016年4〜6月期で、上場企業の6割が減益だったと、2016年8月6日の日経新聞が伝えています。円高のために、海外で稼ぐ企業は、減益要因だったようです。また、内需で稼ぐ企業でも、消費の低迷で減益ということです。訪日外国人...

そんな中でも、工夫して、売上や利益を増やしている企業がある。最高益を更新している企業もあるということですね。

環境はいまいち良くないかもしれませんが、そんな中でも、できることはあるのでしょう。頭などを使って、工夫したいものですね。