日銀、物価目標2年で達成を撤回へ。上場投資信託の買い入れは倍増

日銀、物価目標2年で達成を撤回へ。上場投資信託の買い入れは倍増とのこと。

日銀が、2016年7月29日に開いた金融政策決定会合で、上場投資信託(ETF)の買い入れ額を年6兆円に倍増するそうです。

http://www.boj.or.jp/

政府の経済対策との相乗効果を狙って、追加金融緩和を行うということですね。

経済対策の事業規模は、28兆円

政府の経済対策の概要がまとまる

日銀

日銀、物価目標2年で達成を撤回へ。上場投資信託の買い入れは倍増

株式市場が機能するようにサポート

黒田日銀総裁は、「株式市場が機能するようにサポート」するための金融緩和策だそうです。

買い手があるとしたら、それは、たしかに心強いところでしょう。しかし、これも、いつまでも買入していくわけにはいかないところがありますよね。

マイナス金利も、銀行からはさらに金利を低下させることには反対があるようです。

打ち手が限られてきているというのはありますね。

日銀、物価目標2年で達成を撤回へ

日銀は、次回の9月会合で、異次元緩和の効果を検証るのに伴い、「2年程度で2%上昇を実現する」という物価目標の達成時期を取り下げる方針だそうです。

日経新聞、2016年7月29日が伝えています。

もう少し期間を伸ばすということのようですね。結局、期限内には達成できなかったということになります。
日銀だけではないですが、政府の政策と合わせても、むずかしかったという結果になります。

小出しはダメなのかも

この間、中国の失速やイギリスのEU離脱などなど、国際情勢はあまり良くはなかったですね。このため、目標達成の足を引っ張られたというのはあると思います。

もし中国の景気がもっと良かったら、イギリスがEUに残っていたら、というのはあるでしょう。

ただ、そういうことはあるにしても、政策の小出しはダメなのかもしれませんね。一気にやらないと、成果は出にくい。そんなことを感じますね。

経済対策の事業規模は、28兆円

政府が、「28兆円」の経済対策を行うそうです。これも、量的に十分ではないようにも思いますし、政策的にも、これらだけで良いのかは、わたしにはよくわかりません。

ただ、どちらにしても、おそらく、デフレ脱却はできそうになさそうというのは感じます。方向は悪くはないのかもしれません。ただ、量が十分ではないというのはありそうです。
小出し感がありますよね。

経済対策のことがわかっている人、できる人

経済対策をできる人、わかっている人は、いないのかどうなのか。そんなことを考えてしまいますね。

2020年の東京オリンピックあたりまでは、どうにかこうにか、このまま進むのだろうと思います。しかし、そのあとが見えないような。

今後の中国事業縮小4割、有望な投資先はインド

今後の有望な投資先は、インドだと「経済界」は考えているようです。海外に道を見出すしかないのかどうなのか。もしそうなら、そしてそうでなくても、海外進出を支えるような政策もあると良いのでしょうね。